住宅リフォームの流れと注意点|信頼できる業者を探す

男女の作業員

優れた素材

外観

アスベストの危険性と除去するための方法

アスベストは、石綿とも呼ばれるもので、耐熱性、絶縁性、保温性に優れている素材です。そのため、断熱材、絶縁材、ブレーキライニング材などに古くから幅広く使われてきました。しかし、アスベストはその性質上、高濃度の長期間の暴露による健康被害リスクがあり、1970年代頃から、その使用が部分的に禁止されていき現在では全面的に使用が禁止されています。 アスベストの危険性は、その細やかな繊維と有毒性から、吸い込むことによって塵肺のほか、肺線維症や肺癌、悪性中皮腫などを引き起こすとされています。現在では新たにアスベストが使われることはありませんが、既存の建物などにアスベストが使われており、そのさいの解体作業には十分な安全対策を施して行うことが義務付けられています。

アスベスト除去をする方法について

アスベストはその機能性の高さからあらゆる場所で使われてきた素材です。住宅の場合にも壁や屋根、床といった場所に広く使われており、また室内材の石膏ボードなどにもアスベストが使用されている場合があります。また工場や倉庫などの現場でもむき出しの鉄骨などに対して吹き付けて保護材としたものもあるなど、探せばきりがないものです。 もちろん、一般に生活している分には飛散することはありませんが、その建物を取り壊すさいには、飛散を防止する工夫をすることが義務付けられています。この場合には、周辺をビニールシートなどで囲み、外部に流出しないようにすることや、また作業に従事する作業員にも安全対策を行って、作業させることになります。